header





メダベル<データと戦術で攻略・楽しむ―メダルゲーム!>

クリックでトップへ


当サイトの目的、 
注意事項など。 


戦績などを書きます。 
戦法や裏話も? 














おすすめのシューティ 
ングを攻略するサイト。






ボールコントロールその2!
今度は応用やメダル消費のキツイもの、限定された局面をお送りします。

裏打ち
頻 度 難 易度
応用テクの中でも基本的な 位置づけ。
ボールの側面にメダルを当てるこ とでショット方向
とは反対側にボールを動かす戦法。
もちろん失敗すれば素直な動きをしてしまうので
しっかりと狙おう。
防壁戦法
頻 度 難 易度
その1ではクルーンから来たボールを右に寄せるために真ん中あたりにメダルを溜めてましたね。
右寄せのもう一つの手段として
事前に右側に高低差を作る方法もあります。
プッシャーテーブルが引いているときに
積んで落差を作りましょう。。
この方法だと左奥に影響が出ないのですが、
確実性はあまりないので注意。
せき止め
頻 度 難 易度
上段右に不要なボールがあ る、かつNEXTが必要なボールの時のみ有効。意外と多い。
レールから排出されるボールを不要ボールで受 け止めることで先に送ります。
上手く行けば不要ボールを左に動かせるかも?
難点はクルーンが埋まった場合、ボーナスゲームなどの回避できない払い出しで不要ボールが落下してしまうこと。
左に流せない状況なら詰みます。
ひるがえし法
頻 度 難 易度
出来るとかっこいい個人的 最強技。
状況がだいぶ限られますが今の場合ピンクが下段に落ちて すぐ、壁から少しでも離れている状態であり、かつ黄色がすぐに下段に落とせる状況。
この状況で黄色を壁にひっつけて落とせば壁とピンクの間に黄色が割り込 み、ピンクが後ろに回り込みます。
さらにその瞬間をうまく射抜けば逆方向にピンクをふっとばすことも出来る最強戦法。
当然失敗すればピンク先頭で進んでいきます。
あと、深追いすると連続ひるがえしも起こるので
これを使用する際は失敗覚悟で。
押し返し
頻 度 難 易度
カプセルによる払い出しが待機しています。
払い出しが来たらピンクが押されてしまいそうです。なので、払い出し最 中にひたすらピンクを戻します。
中央寄せはいずれ落ちてしまいますが、
これをずっと続ければボールが落ちることはありません。ただし、メダル消費量が多く
積もるような大量払い出しでは間に合いません。

逆走させることのできる積もりまで可能です。
二段階ショット
頻 度 難 易度
あらかじめ射程の短いほうにボールを寄せておき、
反対側にパスします。
後は反対側が真ん中に寄せれば成功です。
上手くいけばエンドレス。
ただし、端っこに寄るリスクが二回分あります。
中央寄せ(祈)
頻 度 難 易度  ―
その1ではボールを下段に落とす際にぶらさない方法を書きましたが、今度はぶれるこ とを祈ります。
なので、逆にメダルを少量でプッシュしましょう。
もちろん成功率は低いですが、多少ぶれることは結構あるのでそこにローショットを狙い撃ちすると
上手くいきますよ。
なお、外側寄りに入れると寄ってくれやすいです。
カプセルアタック
頻 度 危 険度
いい感じに振り分けられました。が!
カプセル払い出し食らったピンクがぶっ飛んで
来ることがあります。
黄色たちの手前に来たが最後、もう救えません。
振り分け最中にもピンクが進んでしまいます。
なので、カプセル払い出しが来る前にあらかじめ
ピンクを落としておきましょう。
青はカプセル払い出しを食らっても多少前に出るだけで割り込んでくるほどではありません。
なお、この現象を逆に利用することも可能です。
エッジ越え
頻 度 危 険度
大量払い出しで積もりました。
この時、容赦なく中央のエッジを乗り越えてきます。なので、メ ダル投入は少なめにしましょう。
(
メ ダルの小さい店舗では乗り越えにくいそうですので多少の投入は大丈夫そうです)
成功するとは限りませんが逆走するかもしれません。

一気に入れてしまうと逆走が起こる前に落 ちてしまうことが多いです。
イメージとしてはボール後ろのメダルの支えが無くなってくれればいいです。
JPC に備えて
クルーンが埋まるとボールが全て流れてきますが、
始点は50の穴です。画 像は表現できてませんが。
5球一気に出て来るため、非常に調整が難しいです。
画像は上手くいっていますが、ぶれて黄色が後ろに
行くこともありますし他のボールがいるとさらにハード。(例えば左下段にピンクがいた場合
1番目の黄色の調整が困難です。)
今までのスキルを駆使して頑張ってください。
下手するとJPチャンスを見ている場合じゃなくなります。
クルーン全送り
頻 度 難 易度
JPCに行く際に払い出さ れるボールを全部右に寄せるのはそう難しくないですが、左に寄せるのはかなり難しいです。
手法としては真ん中ちょっと右に少しだけメダルを設置す ることで、流れてくるボールは乗り越えるけ ど返ってくるボールは(失速しているため)停 止するという方法。
全て左側に行ったらプッシャーが動き出す前にロングショットで追い込めば完成です。
これだけまとまったボールがあると下段に落とす際も危険が多いので十分に注意しましょう。
より安全なのは(他に上段にボールが無いなら)カプセル払い出しを利用することです。

主なものはこれですべてだと思います。
もし他の危険が発生しても、上手くやってみてください。

なお、カプセル爆弾については他の項目で触れます。



footer